LICENSE
船舶免許

船舶免許

水上バイクやボートなど小型船舶を運転するには、それぞれの船舶免許が必要です。当ショップでも試験申し込み手続きができます。また、試験課程の一つである実技の講習もしています。詳細は下記をご確認ください。

免許の種類

操縦する乗り物によって必要な免許が違います。水上バイクを運転したい場合に必要な免許は特殊小型船舶操縦士免許です。クルーザーやボートは1級小型船舶操縦士免許2級小型船舶操縦士免許が必要です。1級と2級の違いは航海できる範囲で、1級は制限が無く ( ※ 条件があります。詳細は下の表をご確認ください )、2級は海岸から約9kmまでの範囲で操縦できます。ご自身の目的から取得する免許をお選びください。

免許名 操縦できる船舶の種類 操縦できる海域
特殊小型船舶操縦士 【 操縦できる船舶の種類 】
水上バイク専用
【 操縦できる海域 】
湖、川、海岸から2海里以内 ( 約3.7km ) の海域
1級小型船舶操縦士 【 操縦できる船舶の種類 】
20トン未満
24m未満のプレジャーボート
【 操縦できる海域 】
すべての海域
2級小型船舶操縦士 【 操縦できる船舶の種類 】
20トン未満
湖川では5トン未満
18歳未満は5トン限定
【 操縦できる海域 】
海岸から5海里以内 ( 約9km ) の海域

受験資格

年齢 特殊小型船舶操縦士:15歳9ヶ月から受験可能。満16歳で免許交付
1級小型船舶操縦士:17歳9ヶ月から受験可能。満18歳で免許交付
2級小型船舶操縦士:15歳9ヶ月から受験可能。満16で免許交付
視力

矯正視力 ( 眼鏡やコンタクトレンズ着用 ) で0.5以上

※但し、片眼が0.5以上であれば視野が150度以上で受験可能

色覚検査

夜間に赤色、緑色、白色が判別できること ( 測定には検査機器を使用 )

※判別出来ない時、昼間限定 ( 昼間のみ航行 ) となる

聴力

5m以上の距離で話声語の弁別 ( 普通の会話 ) ができること。 ( 補聴器可 )

※話声語の弁別ができない場合であっても、5mの距離において70.5デシベルの汽笛音の弁別ができること

疾病及び身体機能の障害

軽症で業務に支障がないこと

※身体機能の障害があった場合でも、その障害の程度に応じた補助手段を講ずることにより勤務に支障がなければ、船舶の設備や航行の目的を限定した免許を取得することができる

受験料

特殊小型船舶 69,000円
2級小型船舶 89,800円
1級小型船舶 新規 116,800円
1級小型船舶 進級 41,700円

※講習費用~試験費用 ( 身体検査を含む ) ~免許交付料・税込 ( 8% ) の総額です。

免許取得の方法

免許取得するには、国家試験を受験する「受験コース」と、教習所にて習得する「教習コース」の大きく2つの方法があります。
当店を通してマリン・メイトとJMLの2つの機関のいずれかで申込みが可能です。時間や費用、メリットなどから合った方法をお選びください。

【 受験コース 】

マリン・メイト

【 教習コース 】

JML
概要 【 受験コース 】
国家試験を個人で受験するコースです。
試験対策の学科の勉強はマリンメイトの講習を受けます。実技の講習は当社にて受けていただきます。
【 教習コース 】
教習所で学科・実技の講習から試験まで一環して行います。合格すれば国家試験の学科・実技試験が免除されるコースです。
試験までにかかる時間 【 受験コース 】
試験日が決まっているので、その日までに学科と実技の講習を受講します。基本、講習を受けてから試験までは1週間程が目安です。試験まで日を置きますので、各自で復習をしていただききくなどして試験対策をしていただくことをお勧めします。
【 教習コース 】
教習所で組まれている2〜4日の日程で講習・試験を行います。講習後に時間を置かず試験を受けるので、合格率が高いです。
合格から免許交付まで日数 【 受験コース 】
合格発表から1週間後
【 教習コース 】
合格発表から2~3週間後
不合格の場合の追加費用 【 受験コース 】
再試験、再試験手数料が必要となります。
【 教習コース 】
基本的に費用はかかりません
メリット 【 受験コース 】
費用を抑えられる
【 教習コース 】
短期間で知識を付け合格率が高い

日本海洋資格センター ( JML ) 公式サイトはこちらから

マリン・メイト 公式サイトはこちらから

免許取得までの流れ

免許取得するには、国家試験を受験する「受験コース」と、教習所にて国家試験と同等の内容を受験する「教習コース」の大きく2つの方法があります。

【 受験コース 】

マリン・メイト

【 教習コース 】

JML

STEP1

申し込み
【 受験コース 】
当社にご連絡ください。
試験や講習の日程を相談し、必要書類を送付します。
ご予約はこちらから
【 教習コース 】
JMLにお申込みください。
株式会社日本海洋資格センター JML 

STEP2

書類の準備
【 受験コース 】

必要書類を揃えてください

【 必要書類 】
・受講申込書 1通
・住民票 1通 ( 必ず本籍地記載で発行後6ヶ月以内のもの、マイナンバー未記載のもの )

【 教習コース 】

STEP3

講習
【 受験コース 】

当社にお越しください。マリンメイトの講師から学科講習を、当社の講師から実技講習を実施します。

【 持ち物 】
・上記2点
・筆記用具
・受講費用
・印鑑
・別の資格(小型船舶操縦免許証又は海技免状)をお持ちの場合、ご持参ください。

【 服装 】
水しぶきで濡れても良い服、動きやすい服装でお越しください。また、室内・屋外と出入りするので体温調整ができるよう脱ぎ着できるものが便利です。
例:水着、ラッシュガード、ジャージ、カッパなどの雨具、長靴、かかとが固定できるサンダル ※ビーチサンダルは不可

【 教習コース 】

JMLにて講習を受けます

STEP4

試験
【 受験コース 】

マリンメイトで指定している試験会場、日程にて行います。写真撮影と身体検査を行います。

【 持ち物 / 服装 】
筆記用具 / 講習時と同様

【 教習コース 】

JMLにて試験を受けます

STEP5

合否発表
【 受験コース 】
試験終了の翌週月曜日に発表されます。
【 教習コース 】

STEP6

免許交付
【 受験コース 】
免許交付日以降に、マリンメイトにてお受け取りください。免許交付日は、試験後に案内があるので日にちを控えておいていただくと安心です。
【 教習コース 】

受講に必要なもの

受講申込書 1通 ( 必要事項を記載して持参下さい )
住民票 1通 ( 必ず本籍地記載で発行後6ヶ月以内のもの、マイナンバー未記載のもの )
写真 準備不要 当日、無料で撮影するため
身体検査証明書 準備不要 身体検査は試験内で実施、病院で受診する必要無し ( JMLは必要 )
印鑑 認印
その他 別資格の小型船舶操縦免許証又は海技免状のお持ちの方は学科講習時に持参下さい
筆記用具、受講費用 ( 学科講習時に持参下さい )

免許更新について

特殊小型船舶操縦士免許は、5年ごとに更新が必要です。
更新時期の確認方法は、免許証の有効期限を確認します。免許証の黄枠内に有効期限が記されており、この有効期限の1年前から期限日までが更新時期となります。失効にならないよう、ご注意ください。

更新・失効再交付料

更新講習 9,000円
失効再交付 16,000円

お問い合わせ

お電話やお問い合わせフォームよりご連絡ください。

CONTACT FORM